おうちプログラミング

おうちプログラミング|今ある絵本でできる!読みたい絵本を最短で探す。~探索~

絵本でできる!おうちプログラミング

自宅に置いてある子どもの絵本はどのように並べていますか?

なんとなく置かれているその絵本も、並べ方を工夫するだけでプログラミング教育の教材に変身しちゃうんです!

この記事は2021年1月20日に「こそだてアプデ」からお引っ越ししました。

今回は、

新しく教材やおもちゃを買う必要なし!

今おうちにある絵本で、プログラミング的思考を体験できる遊びをご紹介します。

こんなことができる子に

2つを比べられる

ひらがなが読める

ひらがなの順番がわかる

こまり

楽しく片付けができるようになりますよ♪

学習テーマ:探索

今回の学習テーマは

「探索(探す)

コンピュータは、たくさんのデータの中から目的のデータを速く見つけるために様々な方法を使います。

今回は、たくさんある絵本の中から読みたい絵本を探すためにどのような方法を使えばいいのか考えてみましょう。

用意するもの
  • 本のタイトルの頭文字が異なる絵本…5冊

頭文字が同じ本が出てくると次の文字との比較になり少し難しくなるので、頭文字がすべて違う本を選ぶと良いです。

本の数が増えるほど、探す回数が増えます。

お子さんの出来具合に合わせて、本の数を調整してください。

新しく絵本を探すなら
おうちプログラミングで使える絵本を増やしたい方は、みみみみさん(@mimimimi1234555)が紹介している絵本から選ぶのがおすすめです!

とりあえずやってみよう

こまり

5冊の絵本のうち、1つのタイトルを伝えて探してもらいましょう。

考えるポイントは、どのような手順で探すかです。

お子さんの手順をしっかり観察しておきます。

お子さんにどのように探すのか手順を話してもらいながらやると良いですね。

どうですか?

手順を説明するだけでも、順序立てて考える力が養われていますよ。

まずは左から順番に探そう

目的の絵本を探す方法の1つとして、左から順番に絵本のタイトルを見て探すという方法があります。

多くの人はこの方法で探すと思います。

これも「左から1つずつ順番に」というところの順序立てができているということになります。

こまり

こう考えるとプログラミング思考って身近にあるってわかりますね。

もっと早く見つけるには

さっきの左から1つずつ順番に探していく方法だと、最後の方に目的の絵本があると探すのに時間がかかりますよね。

そこで、もっと早く見つける方法を考えていきます。

まず、5冊の絵本を五十音順に左から並べておきます。

真ん中の絵本を見て、
探した絵本と比べて五十音順が前か後ろか調べる

→前なら左半分からまた真ん中の絵本を見て探す
→後なら右半分からまた真ん中の絵本を見て探す

このように確かめていくと、大体半分の速さで見つけることができちゃうんです!

ポイントは五十音順に並んでいるというところです。

このように法則性を作っておくことで早く見つけられるようになります。

他にも探す方法があるか見つけてみよう

他にも絵本を探す方法が色々あります。

並んでいる順番の特徴を見て、考えてみましょう。

+One

もっと知りたい人へ。

今回の探す方法は、探索アルゴリズムをもとにしました。

探索アルゴリズムとは

複数のデータの中から目的のデータがどこにあるかを探す方法です。

参考にした探索アルゴリズムは2つ。

探索アルゴリズム

線形探索

二分探索

線形探索とは

線形探索は、データの先頭から順番にほしいデータと一致するかどうか調べていく方法です。

最短で1回、最長でデータの数だけ繰り返して探していくことになります。

※この探し方の場合、並び順は特に探し方に影響を与えません。

二分探索とは

二分探索は、整列したデータの検索範囲を半分に絞り込みながらほしいデータと一致するかどうか調べていく方法です。

データを並べ替えた後、探索したいデータが中央のデータより大きいか小さいかを調べます。

これによって、探索したいデータが全体の前半分にあるか後ろ半分にあるかがわかります。

存在しなかったほうの半分は探索範囲から外すことができるので、高速に探索ができるようになる仕組みです。

他にも探索のアルゴリズムがあるので、気になる人は検索エンジンを使って調べてみてくださいね。

やってみよう

今回は、目的のものを探す方法について学習しました。

こまり

速く見つける方法を考えることで、色々な角度から物事を捉えられるようになりました♪

探し方を工夫するだけで、プログラミング的思考も体験出来て、早く片付けることができますね。

親子で楽しみながら片付けをしてみませんか?